2010年02月04日

8階から転落の4歳女児、奇跡的に軽傷 植え込みがクッション効果 東京・国分寺(産経新聞)

 東京都国分寺市泉町の8階建てマンションで28日夜、女児(4)が8階ベランダから約21メートル下に転落する事故があった。警視庁小金井署によると、路上の植え込みがクッションになり、女児は左あごに軽傷を負っただけで助かった。

 同署によると、同日午後7時20分ごろ、8階に住む母親(30)が、直前までベランダにいた長女がいなくなり、路上を歩いているのを見つけて119番通報した。長女はベランダのさくを乗り越え、転落した可能性が高いという。

 母親は長女をしかるため、ベランダに出した。泣き声が聞こえなくなったためベランダを見ると、長女の姿が見えず、下を見たところ、長女が泣きながら路上を歩いていたという。ベランダの真下にある植え込みには、人が落ちたような形跡があった。

「新しい公共」へ円卓会議=あす初会合−平野官房長官(時事通信)
<引き写し>東京海洋大准教授らが論文に 学会掲載取り消し(毎日新聞)
閉校前に熱気球でお別れ 練馬区立光が丘第二小学校(産経新聞)
「サンラ・ワールド」を捜索へ=50億円集金か、無登録営業容疑−警視庁(時事通信)
党首討論、17日で大筋合意(時事通信)
posted by マツオ コウジロウ at 16:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、日本郵政社長は「天下りではない」と強弁(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は1日の衆院本会議で、斎藤次郎元大蔵事務次官を社長にするなど複数の官僚OBが選任された日本郵政の人事について「株主提案による選任という法的手続きにのっとったものなので、天下りではない」と強調した。石原伸晃氏(自民)への答弁。

 しかし、日本郵政の株主は、株式を100%保有している政府だけで人選は鳩山内閣が決めたのと同じ。野党は首相の発言を「詭弁(きべん)だ」と批判している。

【関連記事】
自民の石原氏、「7つの大罪」で首相を追及
谷垣自民党総裁「小沢独裁と徹底的に対峙」 衆院代表質問スタート
「冷静に見守ることが大事」 与党内の小沢氏「けじめ」論に鳩山首相
「発想おかしい」各地で反対決議 外国人参政権
舞台裏は…決裂回避で「苦渋の譲歩」

NHK 福地会長、任期満了前に辞任の意向(毎日新聞)
普天間「私の立場で対応」小沢氏、稲嶺氏と会談(読売新聞)
車の鍵、遺書なく…=不審点捜査、「自殺」覆る−状況証拠で立証へ・連続不審死(時事通信)
街頭に防犯カメラ設置=東京・秋葉原の町会−無差別殺傷事件受け(時事通信)
<長崎漁船沈没>第2山田丸の船名を再確認 水中カメラで(毎日新聞)
posted by マツオ コウジロウ at 05:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。