2010年03月25日

「鈴木」姓 全国一多い浜松市に「楽会」(毎日新聞)

 「鈴木」姓が全国一多いまちという浜松市に、鈴木さん同士の交流を深めようと「浜松鈴木さん楽会(がっかい)」ができた。会員は現在約50人だが、同市によると、人口約82万人のうち、鈴木さんは約5万6000人。誇りを持って浜松の情報発信や鈴木さんの歴史研究、地域活性化を図ることなどを基本活動に掲げ、23日には会場の料理長やゲスト歌手も鈴木さんという設立記念パーティーを開く。【小玉沙織】

 同会代表で、自営業の鈴木建也(たつや)さん(49)が、自分の姓のルーツに関心を持ったのがきっかけ。電話帳データベースのソフトで調べたところ、市内で掲載されていた鈴木さんは1万1112件。2位の横浜市(8251件)、3位名古屋市(4690件)を大きく引き離していた。

 また、自動車メーカー「スズキ」の鈴木修会長兼社長や作家の鈴木光司さん、女優の鈴木砂羽さんら、浜松市出身や在住の著名人も多い。

 「みんな集まって何かやったら面白い。まちおこしにもなるのでは」。仲間に呼び掛けて今月発足し、ブログも開設。(1)鈴木姓を誇りに思う(2)芸術文化、スポーツ等、頑張る鈴木さんを応援する(3)鈴木さんで楽しい人生を送る−−など10カ条の心得も作った。

 同市は市長も鈴木さん。鈴木代表らは17日、特別会員1号の鈴木康友市長を表敬訪問。市長は「職員も鈴木姓が多く、私も名前で呼ばれることが多い。鈴木さんで浜松をPRしましょう」と盛り上がった。

 当面の活動として、鈴木さんのルーツ探しツアー、鈴木姓の著名人の講演・演奏会なども計画。年会費は個人2000円で、オリジナル名刺(会員証)100枚などの特典もある。

 入会は、鈴木姓に興味がある人なら別の姓でも、市外在住でも可。鈴木代表は「楽しく鈴木さんについて考えながら、多くの人と交流したい」と話す。問い合わせは鈴木代表(090・4867・7947)。

将来はヴィンテージも 本格派「ノンアルコールワイン」の実力は?!(産経新聞)
都内で「初日の出暴走」少年ら7人逮捕(読売新聞)
北教組事件 党内外から「小林氏辞職を」 本人は否定(毎日新聞)
老後に「不安」8割 公的年金に期待なし5割(産経新聞)
まちおこしでコミケ開催=「魅力に気付いて」−水戸市(時事通信)
posted by マツオ コウジロウ at 00:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

「百点満点あり得ない」普天間移設で岡田外相(読売新聞)

 岡田外相は14日、NHKなどの番組で、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題について「百点満点はあり得ない。合格点すれすれでもいいから移転を考えなければならない」と述べた。

 地元の同意が完全に得られなくても、政府として移設先を決めることがあり得るとの考えを示唆したものだ。

 一方、日米の核持ち込みなどの「密約」に関連し、非核三原則を法制化せずに堅持する方針については、「内閣がそれぞれ決めることだ。もし法制化するなら、将来にわたって縛ることが良いのか、議論をしなければいけない」と述べた。

<前原国交相>4全総の高速道計画の縮小を示唆(毎日新聞)
水俣病裁判和解成立へ、国や患者会受け入れ方針(読売新聞)
全国のグループホームを実態調査=防火対策で規制強化検討−長妻厚労相(時事通信)
米軍車両当て逃げ 沖縄、3歳児けが(産経新聞)
道路に赤線、意味わかる?(読売新聞)
posted by マツオ コウジロウ at 19:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

外国人の看護師・歯科医の在留期限撤廃へ(読売新聞)

 法務省が外国人の入国・在留管理制度について今後5年間の指針を示す「第4次出入国管理基本計画」の原案が明らかになった。

 外国人の看護師と歯科医師に対する就労期間の制限見直しを打ち出し、人手不足の介護分野での外国人受け入れ促進を盛り込んだ。基本計画は今月下旬に正式決定される見通しで、同省は就労期限撤廃や新たな在留資格の設定に着手する。

 現行の外国人看護師の就労年数は「7年以内」、外国人の歯科医師は「6年以内」となっており、こうした制限が来日の障害になっているとされる。また、同じ医療分野の外国人医師は2006年に、従来の「6年以内」の就労制限を医師不足解消の狙いなどから撤廃した経緯がある。同省は看護師と歯科医師についても制限をなくし、専門技術を持つ人材を幅広く受け入れるべきだと判断した。就労期限を定めた省令を年内にも改正する方針だ。

 一方、介護分野は現在、日本と経済連携協定(EPA)を結んでいるインドネシアとフィリピンからに限り、看護師希望者とともに介護福祉士希望者を受け入れている。基本計画原案では「日本の大学等を卒業し、介護福祉士等の国家資格を取得した外国人の受け入れを検討する」と明記、外国人全般に対象を拡大するとした。現行の出入国管理・難民認定法では「就労を目的とする在留資格」に「介護」がないため、同省は新たな資格として「介護」を設ける入管法改正案を来年の通常国会にも提出する方針だ。

 このほか、基本計画原案は、専門知識や技術を持つ外国人に研究実績などの項目ごとに点数をつけ、高得点者に在留期間延長や、永住許可に必要な在留期間短縮などの優遇措置を講じる「ポイント制」の導入を検討するとした。

 ◆「第4次出入国管理基本計画」原案の骨子◆

 ▽外国人歯科医師と看護師の就労年数制限の見直し

 ▽日本の大学等を卒業し、介護福祉士等の国家資格を得た外国人受け入れを検討

 ▽高度人材の受け入れへ、ポイント制を活用した優遇制度導入

 ▽不安定な形態の就労が問題の日系人は、入国・在留要件として日本語能力や生活力を考慮するよう、要件見直しを検討

小林氏、進退は自ら判断を=鳩山首相(時事通信)
<死体遺棄>身元確認 頭に複数の殴打跡 東京・国分寺(毎日新聞)
農水副大臣が訪韓=クロマグロ問題(時事通信)
在日朝鮮人、戦時徴用わずか245人(産経新聞)
安倍元首相「核密約の申し渡しはなかった」(産経新聞)
posted by マツオ コウジロウ at 01:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。