2010年01月15日

<社民・福島氏>基本政策閣僚委の頻繁開催を要望(毎日新聞)

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は12日の閣僚懇談会で、与党3党の代表らで構成する基本政策閣僚委員会を頻繁に開くよう菅直人副総理に求めた。11日の政府・民主党首脳会議で副大臣・政務官増員方針などを決めたことに対し、社民党が政策決定に関与できなくなるとの危機感を抱いたためだ。

 福島氏は「(政府・民主党首脳会議に)社民党は呼ばれていない。政策を閣議にかける前に基本政策閣僚委員会をきちんと開いてほしい」と注文。菅氏は今後も3党の連携を約束した。【白戸圭一】

【関連ニュース】
社民党:新成人に福島党首が支持を呼びかけ
社民・福島党首:普天間移設で米議員と会談
福島社民党党首:下地島移設案「3党で協議」
福島少子化担当相:仏をモデルに「子ども基金」創設模索
普天間移設:社民党首「下地島も考慮する」 小沢氏が提起

銃発砲で4人負傷=大阪の居酒屋で(時事通信)
「貧困ビジネス」FISの3人告発=2億円脱税容疑−名古屋国税局(時事通信)
「大阪人権センター」移転 4月にも 耐震問題、民間ビルへ(産経新聞)
コンピューターに過大な負荷=210便に影響−管制一元化の羽田システム障害(時事通信)
織田作之助賞に中丸美繪氏ら(時事通信)
posted by マツオ コウジロウ at 11:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。